TAG

詰まり

水道や設備のトラブルを未然に防ぐ水回りリフォームの進め方

水回りリフォームで費用を安く上げたいあまり、契約時に値切るのはお勧めできません。見積書の水道や設備配管の範囲が基本工事のみの場合、古い配管と接続するだけで新設範囲が制限され兼ねません。古い配管から水漏れ(漏水)や詰まり等のトラブルが遭った場合、再度リフォームが必要になります。リフォーム部分は可能な限り新設の配管に変えておく事がトラブルを未然に防ぐ工事の進め方になります。