外壁塗装の色見本帳


スポンサードリンク



外壁塗装の色選び失敗例

失敗例にはいくつかの失敗しやすいタイプやパターンがあることがわかります。

思い込み派の失敗例

塗装業者やリフォーム会社から渡された、小さな色見本帳によって色を決め、実際には業者からのアドバイス不足も含め、外壁塗装への認識不足や色への勝手な思い込みがイメージと違う失敗例に繋がっています。

こだわり派の失敗例

周りの人からは良い色ですねと言われても、自分では微妙に違う色合いに納得できないこだわり派は業者泣かせのタイプです。
自分の家の外壁を気に入った色にするのは当然の事ですが、色の表現やイメージを上手く業者に伝えられない、伝わらないために 失敗例に繋がっています。

外壁塗装の塗り替えリフォーム工事は、足場が組み立てられネットシートが張り巡らされ、 塗装工事が完了するまでは全体のイメージは把握できません。
足場が外され工事が完了して初めて、あれ!思ったイメージと違うなんて事にならないためにも色にこだわりを持つ方は慎重に色選びをして下さい。

失敗に繋がらないタイプ

外壁塗装の塗り替え工事で、塗り替え前の色に近ければ良い方、外壁の劣化を防ぎクラックや汚れが無くなり綺麗になる事が重要で、色にこだわりを持ってない方は色での失敗は少ないと言えます。

こだわり派の納得成功例

外壁塗装の現物見本サンプル

画像はA4サイズの現物見本サンプル2種類です。
3種類の微妙な色の違いのサンプルから選んでもらい、残った2種類です。

「微妙な色の違いが分かりますか 」

こだわり派には、納得いくまで自己責任で色を決めてもらうためにも、現物見本サンプルを作る事が大切になります。

スポンサードリンク



外壁塗装の色選びアドバイス

色に迷ったお客さんが施工業者にアドバイスを求めた場合 、施工業者は無難な色合い推奨します 。
塗装色だけでなく、床材やタイル、キッチンパネル、クロスなどの色を決める場合も無難な色合いを推奨します。

外壁塗装の色、陰陽の違い

同じ色でも、つや消しやつやあり、吹きっぱなし仕上げや凹凸処理の形状、ローラー仕上げなど微妙に色合いは違ってきます。
また陽当たりの良い場所と影の部分では、輝度や彩度が変わり、雰囲気が変わる事も心得ておくべきです。

現物見本サンプルを数種類作成してもらい、陽が当たっている場所や、影の部分にサンプルを置き、イメージを確認するのが最も確実な色選びの方法です。
その際、家の外観で道路から最も目立ち、良く映える部分の陽当り状態を確認してイメージして下さい。

「住宅街で時々奇抜な色の外壁に目を疑いたくなる事がありませんか」
どんな人が住んでいるのだろうと疑いたくなりますよね?

たとえ自分では納得し気に入った色であっても、街並みにそぐわないような色は避けたいですよね。
街並みに溶け込み、長く飽きのこない色が、皆から愛され支持されやすい 住まいと言えるのではないでしょうか!

最後に

わかさ-ポイント

ワンポイントアドバイス
自分で微妙な色合いを決めたい場合は必ず塗装業者やリフォーム会社に契約前に実物サンプルの何種類かをメーカーに依頼してでも作ってもらえるかを確認しておきましょう。
業者が、実物サンプルの制作を渋り、小さな色見本帳での決定を促す様であれば、妥協をせずに、新たに実物サンプルを作ってくれる業者を探しましょう!

ネットで一括見積もりが無料でできるサービスを利用される方が増えています。無理な売り込みも無く、冷静に比較ができ、選び方も自由な事が指示される要因になっています。

納得できるリフォームのために

あなたの街の複数の優良リフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

無料!3分登録!の一括見積もり比較サービスの詳細はコチラです!

スポンサードリンク