リフォーム目的

リフォームプラン(計画)を立てる

緊急性のリフォーム以外では、プラン(計画)を立てる事から、始まります。

プラン(計画)の重要性

プラン(計画)を立てる事で家族のコミュニケーションが図れます。

  • 責任者を決める
    予め、家族の中でご主人か奥様にプランやリフォーム業者との交渉や決断の責任者を決めておきます。
  • 家族で意見を出し合う
    家族其々のリフォームに対する意見や想いを聞き、プランに取り入れます。
  • 家族の意見をまとめる
    責任者がバラバラな家族の意見をまとめ、プラン(計画)を立てます。

プランの優先度を決める

予め、プランの優先度を決める事で、予算配分やプランのバランスを考える事ができます。

  • 場所
    リフォームしたい部屋や場所の優先順位を決めます。
  • 機器
    機器や商品の使用目的やグレードに優先順位を決めます。
  • 期間や時期
    リフォームしたい期間や時期の優先度を決め、業者の決定や意見の判断材料にします。

業者の見積もりと予算に隔たりがあり、プラン変更を余儀なくされる場合には、プランやこだわりの優先度を決めておく事で、機器や商品のランクを下げたり、リフォームしたい場所の取りやめ等、消去法を迷わずスムーズに行なえ、リフォームが早く叶う事になります。

まとめ

わかさ-ポイント

リフォームプラン(計画)は立てたが、責任者や優先度が決まっておらず、計画が進まなかったり遅れる場合があります。