工事工程表の有効活用


スポンサードリンク



住みながらリフォームでの工事工程表の活用

大規模リフォームや大規模リノベーションなどの全面リフォームでは、別の住居への仮住まいが必要ですが、部分リフォームでは生活をしながら、部屋を移動する住みながらリフォームが殆んどです。

住みながらリフォームの特徴

住みながらリフォームする場合、居ながらに毎日の工事の進歩状況が自分の眼で確認でき、業者との情報も共有でき、信頼関係も深くなる事で、納得できるリフォームになリます。

反面、1ヶ月以上の工事期間が続くと、家族の中には不便な生活を強いられる事がストレスになり、業者に早期完了を訴える人も現れます。

仮住まいを選べば、不便さは解消されますが、余分な仮住まい費用が増える事でリフォーム予算が減る結果になりかねません。

わかさ-ポイント

住みながらリフォームでは、生涯で数少ないリフォーム機会を関心を持って楽しむ余裕を持ちたいものです。

工事工程表とは

工事工程表のメリット

工事工程表は、工事の請負業者が工事期間内に工事がスムーズに進行する様に、専門業者や設備機器類の搬入や工事日を分かりやすくまとめたエクセルなどで簡単に作成できる表の事です。

リフォームの場合、一度に多くの専門業者が入れなかったり、業者ごとに順を追って入る必要がある工事内容があるため、一業者の遅れが後の業者に影響を与えます。

工事工程表を作成依頼するメリット

工事業者のための工程表をリフォーム注文者から請負者に依頼するメリットを紹介します。

わかさ-ポイント

私が工程表を必要とするリフォーム工事を請負った場合、必ず注文者であるお客様に工程表もお渡ししています。
その理由は、工事進行の流れを把握してもらうと共に、工事に関心を持ち、一緒に参加、協力してもらう事にあります。

スポンサードリンク



工程表を活かされたお客様の例

私がリフォーム工事を請負ったお客様の中に、とても熱心に工程表を活かされたお客様がおられます。

台所とリビング完成後に居間のリフォームを行いました。
住みながらであるため、台所とリビングの家具や食器は居間や押入れ、倉庫などに仮置きし、完成後に移動となります。

奥様いわく、何か不具合があった場合に工事を行った担当者を指名できるし、別の方でも写真を見せれば、内容が分かってもらえるからとの事でした。

土曜日には、子供さんに社会見学の様に工事の様子を説明され、家族ぐるみでの関心の高さに驚かされました。

後に、お風呂のリフォームも行い、アフターサービスも含めて家族ぐるみのお付き合いが今でも続いています!

わかさ-ポイント

このリフォームの主役は奥様でした!

リフォーム費用の節約に繋がる?

上記の工程表を活かされたお客様の場合、工事期間の短縮、家具の移動や整理、クリーニングに関わる人件費の削減で工事費を大幅に抑える事ができました。

請負業者で、工事名ごとに業者名や担当者を記録に残している業者は僅かでしょうし、10年以上経てば残っている事は稀でしょう。

アフターに駆けつけても、別人が行った内容を全て把握する事は困難ですし、費用も割高になる場合がありますが、お客様自身が記録に残していれば、業者名や担当者を指名して、無料アフターや格安アフターに繋げる事も可能なのです。

わかさ-ポイント

工事をまたとない変化のある生活環境と捉え、ストレスから楽しみの場に変える事で家族の協調性も生まれます!

まとめ

リフォーム工事は業者任せでも、作業がスムーズに進行するか否かは注文者であるお客様の配慮次第で変わる場合もあるのです。

わかさ-ポイント

工事中の工事工程表と共に生活工程表の様な、あなたらしい工夫でリフォーム費用の節約に繋がる工程表を作成してみては如何でしょうか!

ネットで一括見積もりが無料でできるサービスを利用される方が増えています。無理な売り込みも無く、冷静に比較ができ、選び方も自由な事が指示される要因になっています。

納得できるリフォームのために

あなたの街の複数の優良リフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

無料!3分登録!の一括見積もり比較サービスの詳細はコチラです!

スポンサードリンク